相談の問題を改善~根本的に問題を解決しよう~弁護士ナビ

弁護士

様々なサポートの受領

男の人

遺産相続を行うにあたって弁護士に相談することで、回避したい問題を全てお願いすることができます。例えば、遺産分割協議書を作成するにあたってもその作成をサポートしてくれます。また、その協議を行うにあたって必ずモメることが明らかな場合は、中立の立場から適切なアドバイスを与えてくれます。仮に、遺言書が若干極端な内容に偏っている場合は遺族に対して本来受け取ることのできるはずの資産が残されていないことも有ります。そういった時に、取りはぐれが内容にするための手続きを受けることも可能です。遺留分減殺請求と呼ばれる手段を取ることによってそれが実現できますが、これもまた弁護士に相談すれば簡単に話を進められます。更に忘れてはならないのが、遺産相続には光と闇があるということです。受け継がれる資産は、もちろんお金や不動産といった利益になるものが大半です。しかしながら、不動産を取得するときに組んだローンであったり、キャッシングの残債であったり、事業の負債であったり、いわゆる借金も受け継がれます。そういった負の遺産のほうが明らかに大きい場合、相続放棄をすることによって支払い義務から逃れることができます。その手続のための手法を、弁護士に相談すれば進行してもらうことが出来るため、強力な味方だといえます。弁護士に頼むことは大事にならないようにするために大切なことです。どうしても集団で解決できないときは弁護士に頼むといいでしょう。